Fan-Kaz-Tic!

毛虫が終末と思うその形態
救世主は蝶と名づけた。

第一級の知性を持ち合わせていることの証明は
心に同時に矛盾相反する考えを保持しつつ
なおかつそれを機能させることである。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< ふろとも | main | 最終日 >>

がんばれベアーズ!

アメリカの独立リーグ ゴールデンベースボールリーグ
日本人選手だけのチームが出来るとか。
サムライ・ベアーズですって。
うーんよわそう・・・。(笑)
ニンジャ・ヌードルズにして
カップめんメーカーをスポンサーにすればいいのに。
(もちろんキャラはニンジャタートルズの親戚で)
プリティーリーグならもちろんゲイシャ・ガールズ!(笑)

選択肢が広がってチャレンジする人が増えるのは
とてもいいことですよね。
がんばらなくちゃと刺激になります。

そうそう、ゴールデンベアーと言えば、
ジャックニクラウスですよね。

うーん、また年齢不詳と言われそうです。
くらしごよみ | permalink | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kingkaz.jugem.cc/trackback/168
この記事に対するトラックバック
米独立リーグ「ゴールデンベースボールリーグ」の日本人だけの球団、サムライ・ベアーズの監督が元巨人、ウォーレン・クロマティ氏に決まった。参加する日本人選手の一人には、「五打席連続敬遠」のもう一人の主役、明徳義塾高校出身の河野和洋外野手もいる。松井秀喜が
サムライ・ベアーズ | ほぼ日刊ベースボール | 2005/04/08 3:04 AM
「サムライ・ベアーズ」の今後がどうしても気になる。 さまざまな思惑、独立リーグのレベルはさておき、 彼らは日本男児の代表選手である。「侍」ですから。 でも、なんで監督が「クロマティー高校」。 【本日の問題】 <米独立野球リーグ>サムライ球団監督にク
今季から新設される米独立リーグ、 ゴールデンベースボールリーグ(GBL)に参加する 日本人だけのチーム「サムライ・ベアーズ」。   監督に元巨人のウォーレン・クロマティ氏を迎え、 参加選手には高校時代に松井秀喜を敬遠攻めした 明徳義塾の河野和洋も含
どうもアヤしい。サムライ・ベアーズはただの専門学校? | スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム | 2005/04/11 3:25 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2009/11/06 3:17 PM